千葉市の皆様の歯周病などを見守り、いたくない歯科を目指しております。藤本歯科長州医院にお任せ下さい。

Tel:043-225-2030

顎顔面

当院では、お子様に恐い思いをさせずに楽しく治療できればと考えております。痛みをできる限り感じないよう心掛け、
『歯医者さん』に怖いイメージを植え付けないよう努力しています。

成長発育矯正(顎顔面矯正)

・子どもの場合は、大人にはない発育という利点を利用し、不足している成長を促進させることで理想的な形態(歯並び)、機能(正しい咀嚼、呼吸)の獲得が可能です。

・人間は幼児期に上顎が先行して発育、その後下顎が発育します。 その発育時期を見極め、成長に寄り添い、成長に合わせて矯正することで最小の介入で最大の効果を得ることができます。

・成長発育矯正(顎顔面矯正)治療により単なる抜歯をして見た目の歯並びのみを整える矯正治療ではなく、
歯並びを根本から治療し、体そのものを健康にし、機能的で美しい咬み合わせを作る矯正を行っています。

不正咬合が起こす問題

・成長期のお子様に不正咬合(噛み合わせの悪さ)がある場合、考えられる理由のほとんどは顎の成長が上顎で抑えられ、顎の発達が妨げられているということです。

・不正咬合があるお子様がもつ特徴として、摂食、咀嚼、嚥下の問題は勿論ですが、いつも口を開いてる、姿勢が悪い、いびき、口臭、ぜんそく、中耳炎、風邪をひきやすい、
鼻アレルギーなどが様々な問題があります。

・これらの問題は、体全体の健康そのものに大きな関わりがあり、お子様の発育に多大な影響を与えているのです。

・子供たちは、顎顔面の発育不全のままで成長期を終え、不健康という負荷を抱えることはその後の人生に大きな影響を及ぼすことも十分に考えられることです。

・歯並びのベースにある歯槽骨や顎骨、頭骨、それらを取り巻く軟組織までを考慮して一連の治療を進めることで、
歯並びだけでなくこれらの問題も同時に改善されると言われています。

上下の顎の位置関係の改善(出っ歯、受け口の改善)

・正しい発育を取り戻した結果、上下の顎の位置関係も改善します。

正しい咀嚼、呼吸などの機能改善

・正しい歯ならびになることで、食べ物をしっかり咬んで食べることができるようになります。
・正しい骨格になることで鼻づまりや口呼吸が改善し、正常な鼻呼吸ができるようになります。
・舌の動きもよくなることで、滑舌や発音の悪さも改善されます。
小児矯正は、小児期に土台を作ることを目的としておこなう第一期矯正です。
すべての歯が生え揃ってから、緊密な咬合を獲得すべく仕上げの矯正を行うこともあります。それを第二期矯正といいます
発育は人により様々で、ひとつとして同じ成長発育はありません。
遺伝要因が強い場合は、外科処置の併用が必要となるケースもあります。

早期の治療をお勧めします。

・お子様の歯並びが悪いと感じたり、全身に何か問題があると感じた際は、早めに顎を広げる治療をお勧めしています。

特に、急速拡大装置を使用する治療は、6歳~12歳頃(場合によってはその前後)までに治療を開始することをお薦めしています。

このような治療は1期治療、予防矯正とも呼ばれていますが、正常な機能と発育を一刻も早く取り戻す、まさに不正咬合の芽を摘む治療と言えます。

成人になってからの矯正の場合、骨格が出来上がってしまっているため歯並びを綺麗にするためには抜歯しなければならないケースが多く、

その分既往症なども含めてリスクが多くなってしまいますが、顎を大きくする治療の場合は、抜歯しなければならないケースはほとんどありません。

ホーム ごあいさつ アクセス・案内 ドクター紹介 院内設備 院内技工室 お問合せ 24時間オンライン予約 採用情報
Copyright © 藤本歯科長洲医院. All Rights Reserved.