千葉市の皆様の歯周病などを見守り、いたくない歯科を目指しております。藤本歯科長州医院にお任せ下さい。

Tel:043-225-2030

インプラント

インプラント

歯を失った部位の修復方法

虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。失った歯の修復方法として、従来はブリッジ(固定性の入れ歯)や取 り外しの入れ歯が利用されてきました。しかし隣の健康な歯を大きく削って、更には歯のない部分の力も負担させなければならないブリッジや、隣の歯にバネを かけて負担をかける入れ歯。共に周りの歯の寿命を結局短くしてしまう方法なのです。

また患者さんはできるだけ簡単で目立たない方法で失った部分を修復することを切望しています。歯を失うということは歯冠だ けでなく、噛む力を支える歯根までも失っているのです。見た目の自然さと噛む力を元に戻したいという患者さんの願いは、インプラント治療によってかなえら れるでしょう。

比較項目

長期信用性(残存率)

インプラント

◎(10年で90%以上)

ブリッジ

△(8年で50%以上)

床義歯

×(4年で50%)

残存組織の保護

×(歯質の除去、咬合負担の増大)

×(鉤歯の喪失、顎堤の吸収)

咬合咀嚼力

×

審美性

異物感

×

費用

×

◎(保険)

◎(保険)

インプラントって

インプラントってインプラントは、身体に対して害のないチタン製ですがこれは整形外科の手術などにも使用されています。オステオ・インテグレーションといって、骨とインプラントががっちりくっつきますので、失ったご自身の歯とほぼ同じ感覚で噛めるようなります。

インプラント治療の流れ

1

インプラントは骨の中に金属を埋め込みます。従って、顎の骨のない所には植えることが出来ません。そのためCT撮影で骨の量を精密検査することが大変大事です。もちろん骨が全然なくてインプラント手術の適応外の場合もあります。

藤本歯科長洲医院では院内にCTを完備しておりますので、手術前の診査から、手術の診断、手術後の確認と一つ一つ確認しながら治療を進めていきます。全身の健康状態に配慮した治療を行うため、全身検査もさせていただいております。

pic
2

インプラントの本数、治療にかかる期間、費用等について計画を立てます。補綴処置や前処置、骨増大術の必要の有無、インプラントの本数によって治療計画は 異なってきます。CT画像を用いて正確な骨の形状を把握した上で、患者様一人一人にとって最もよい治療計画を立てさせていただきます。

pic
1

インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。これは非常に大切でインプラント手術の成功のキーポイントになります。具体的にはダメな歯を抜いたり、残りの歯の虫歯や歯周病の治療、仮歯の作成などがこれにあたります。

pic
2

手術に際して感染は大きなリスクとなります。そのリスクを排除するため、当医院では手術用の個室診療台を準備しております。術者も普段の白衣とは違い滅菌した手術着を着用し、手術器具もハイレベルに滅菌したものを使用しています。

pic
1

インプラントは大きく分けると三つのパーツから成り立っています。骨の中に埋め込まれるインプラント体、インプラント体の上に取り付ける人工の歯、インプ ラント体と人工の歯をつなげるアバットメントの三つのパーツから成り立っています。インプラント体と顎の骨がくっついたら、人工の歯を取り付けます。人工 の歯を装着したら治療は終了です。

pic
2

インプラントは大きく分けると三つのパーツから成り立っています。骨の中に埋め込まれるインプラント体、インプラント体の上に取り付ける人工の歯、インプ ラント体と人工の歯をつなげるアバットメントの三つのパーツから成り立っています。インプラント体と顎の骨がくっついたら、人工の歯を取り付けます。人工 の歯を装着したら治療は終了です。

【術前】 【術前】
【術後】 【術前】
【術前】 【術前】
【術後】 【術前】
ホーム ごあいさつ アクセス・案内 ドクター紹介 院内設備 院内技工室 お問合せ 24時間オンライン予約 採用情報
Copyright © 藤本歯科長洲医院. All Rights Reserved.